マザーズリンクアカデミー事務局

5月5日 こどもの人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝をする。こどもの日

子供の日

「端午の節句」とも言われ、5月5日に蓬(よもぎ)などの薬草や菖蒲などで厄払いをしたことに由来します。

武士の時代には「菖蒲」と「尚武」をかけて武を尊ぶ節目として祝うようになり、江戸時代には男の子の成長と立身出世を願う行事として定着しました。

「鯉のぼり」や「甲冑」を飾り、柏餅やちまきをいただき、菖蒲湯を楽しむなどお祝いしましょう。

ページ上部へ戻る